外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 文部科学省がまとめた、中期的な学校指導体制構想の全容が25日、判明した。2017年度からの10年間で公立小中学校の教職員定数を2万9760人増やし、発達障害やいじめ、貧困など子どもが抱える多様な課題への対応を充実させる。構想1年目の17年度は、3060人の増員を予算の概算要求で求める方針。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信