外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 22日に宮崎で行われた高校野球の春季九州大会で、文徳(熊本)の3年生右腕、本田建都投手(17)がサンマリンスタジアム宮崎での準々決勝の宮崎日大戦で完全試合を達成した。大会を主催する九州地区高野連によれば、1975年春季大会で、プロ野球広島でも活躍した北別府学投手(宮崎・都城農)が、1回戦の伝習館(福岡)戦で完全試合を記録している。本田の投球数は88球で、試合は文徳が1―0で勝った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信