外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】上方落語の大名跡を襲名した桂文枝さん(69)が7日夜(日本時間8日未明)、パリ日本文化会館で襲名披露公演を開き、自作の創作落語で観客の笑いと涙を誘った。公演は7、8の両日。初日の演目は、人をかんだため処分が決まったワニを助けようと動物園の飼育員が奮闘する「ワニ」。2日目は、絶交直後に死別した親友の思いを男が後に知る「仲直り」を演じる。文枝さんは日本語で演じ、フランス語の字幕を付けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信