外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党長崎県連前代表の高木文科相は17日の記者会見で、国営諫早湾干拓事業の開門調査を命じた福岡高裁判決に対し菅首相が上告断念を表明したことについて「決断の前に地元に意向を伝えるべきだった。粛々と上告すべきだと閣僚懇談会で意見した」と反対の姿勢を明らかにした。さらに「長崎県連は新たな混乱と財政負担を避けるべきだとして開門に反対してきた。私の思いは変わらない。最高裁の判断を仰ぐべきだ」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信