ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

文科省、センター試験廃止検討

 文部科学省は6日、大学入試センター試験を廃止し、高校在学中に複数回受験できる「到達度テスト」を創設する検討に入った。共通1次試験から続いた年1回のテストが合否を左右する方式から転換し、高校で基礎学力が定着しているかを測る試験に衣替えする方針。早ければ5年後をめどに導入する考えだ。到達度テストは年2~3回の実施を想定。最も成績の良かったものを受験に利用できるようにする。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。