外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 文部科学省が2015年、元高等教育局長に早稲田大教授への天下りをあっせんしたとして国家公務員法違反の疑いが持たれている問題で、文科省は19日、引責辞任する前川喜平事務次官(62)ら7人を処分する方針を固めた。元局長の経歴に関する書類を大学側に送るなど、直接あっせんに関わった職員には、停職などの重い処分を検討する。関係者への取材で分かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信