外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 文部科学省の天下り問題で、同省OB嶋貫和男氏(67)を調整役とするあっせん体制について人事課が引き継ぎ書を作り、組織的に運用していたことが20日、判明した。内閣府の再就職等監視委員会が認定した10件以外に、文科省の調査班が確認した違法あっせん事案が約20件あることも分かった。松野博一文科相が21日午前に記者会見し、中間報告を発表する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信