外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北京市西城区は27日までに、取り壊しが計画されていた区内にある文豪、魯迅の旧居について、計画を中止し、修復して保存することを決めた。新華社などが伝えた。取り壊しの計画をめぐっては、インターネット上で「歴史的価値がある」などとして反対意見が相次いでいた。王少峰区長はラジオ番組で計画の中止を明言。「過去の資料や旧居の写真を探し、元の姿に復元する」と約束した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信