外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は、外務省の斎木昭隆事務次官(62)を続投させる方向で調整に入った。駐ロシア大使には上月豊久官房長(58)を起用する方針だ。複数の政府関係者が19日、明らかにした。続投が正式に決まれば、斎木氏の次官在任期間は異例の3年を超える見通しだ。

共同通信