外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 28日のプロ野球ドラフト会議で、夏の甲子園大会で東京の早実高を初優勝に導いた注目の斎藤佑樹投手(早大)はヤクルト、ロッテ、ソフトバンクなど4球団が指名し、日本ハムが交渉権を獲得。150キロを超える直球を持つ大石達也投手(早大)には横浜、楽天、広島、オリックス、阪神など6球団の指名が集まり、西武が引き当てた。大学球界屈指の本格派右腕、沢村拓一投手(中大)は巨人が単独指名で交渉権。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信