外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】24日付の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮が発射した事実上の長距離弾道ミサイルの残骸計4個を黄海で回収した韓国軍が、ミサイルの残骸物とみられる新たな金属物質を海中で発見し、確認作業を進めていると報じた。政府消息筋の話として伝えた。消息筋は「エンジン部品であれば、ミサイルの性能や北朝鮮の技術水準を正確に把握できるとみられる」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信