外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1~3歳の園児6人から腸管出血性大腸菌O157が検出された埼玉県日高市の私立保育園で、新たに園児2人のO157感染が確認されたと埼玉県が13日、発表した。いずれも重症ではない。県によると、2人のうち男児(1)は、12日にO157が検出された6人のうち1人と同じクラス。発症時期にばらつきがあるため、給食が原因の可能性は低いとみて、感染経路や広がりを調べている。

共同通信