外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年東京五輪・パラリンピックのシンボルマークとなる公式エンブレムが白紙撤回となった問題で、大会組織委員会は9日、選考プロセスの透明性を高めるため、新たなエンブレムを外部有識者主導で選定する方針を明らかにした。早ければ28日の理事会で新デザイン選定を担う「エンブレム委員会」(仮称)を設置し、応募資格や選考基準の策定に着手する。

共同通信