外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ペーザロ(イタリア)共同】新体操の世界選手権最終日は3日、イタリアのペーザロで団体の種目別決勝が行われ、日本(松原、杉本、鈴木、竹中、国井、横田)は18・650点のロープ・ボールで銀メダル、18・600点のフープで銅メダルを獲得した。個人種目別フープの皆川夏穂(イオン)と団体総合の各銅メダルと合わせて、日本勢は過去最多となる1大会4個のメダルと大躍進した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信