外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天皇陛下の退位を巡り、代替わりに先立って新たな元号を決定・公表する方向で調整する政府が、決定前に国民の意見を聞くパブリックコメント(意見公募)を義務付けた現行制度の特例を設け、意見公募の対象外とする案を検討していることが分かった。政府関係者が26日、明らかにした。行政手続法上、政府は意見に従う義務はないが「元号で賛否が割れるのは望ましくない」(関係者)との判断がある。陛下一代に限って退位を認める特別法に特例規定を盛り込み、適用除外とする形などが取り沙汰されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信