外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新しい出生前診断で、検査が始まった4月からの3カ月間で1534人が受診し、染色体異常の可能性があることを示す「陽性」と診断されたのは約2%の29人だったことが17日、臨床研究グループの集計で分かった。このうち少なくとも6人が羊水検査などで異常が確定し、2人が人工妊娠中絶をした。また、出生前診断で誤って陽性とされ、確定診断で異常がないと分かった人も2人いた。

共同通信