外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は21日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)の整備計画を再検討する関係閣僚会議を設置し、首相官邸で初会合を開いた。従来計画の総工費が2520億円に膨らんだ経緯を踏まえ、文部科学省主導の体制を見直す。会議の下に杉田和博官房副長官を室長とする省庁横断の推進室を設置する。安倍晋三首相はあいさつで「新しい整備計画の策定に全力を挙げ、内閣全体として責任を持って競技場建設を進める」と表明した。

共同通信