外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年東京五輪のメーン会場となる国立競技場の改築で、文部科学省が周辺施設も含めて最大3千億円と試算された整備費を圧縮し、1800億円を軸に調整していることが8日、関係者の話で分かった。当初1300億円で計画していた競技場の建物本体の改築費は、1500億円程度になると見込んでいる。

共同通信