外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)の整備計画に関する政府の「基本的考え方」の概要が11日、判明した。新国立の維持費の国負担を抑えるため大会終了後に民営化する方針を明記した。建設コスト抑制のため設備を競技機能に限定するとしつつ「原則として」の文言を加え、五輪後にコンサートやイベントに活用する余地を残した。

共同通信