外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都は22日、新型インフルエンザに感染した都内の3歳男児がインフルエンザ脳症の疑いで死亡したと発表した。基礎疾患はなかった。死者は国内29人目で最年少。都によると、男児は19日に38度の発熱、せきなどの症状が出て自宅近くの診療所で風邪の治療を受け帰宅。20日午前に同じ診療所の簡易検査でインフルエンザA型陽性と判明、タミフルの処方を受けたが、同日夕、容体が急変、死亡した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信