外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宇宙航空研究開発機構は2日、新型ロケット「イプシロン」1号機の1段目を載せた大型トレーラーが、打ち上げ場所の内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)へ輸送途中に故障し、町内の国道で停止したと発表した。イプシロンは、8月22日に打ち上げる予定。トレーラーの修理に少なくとも4日程度かかる見通しで、5日以上かかれば打ち上げ日程に影響する可能性があるという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信