外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】カナダ保健当局者は25日、英グラクソ・スミスクライン社製の新型インフルエンザワクチンを接種後、呼吸困難や血圧低下に陥る副作用が出たケースが24例あり、うち1人が死亡したと明らかにした。報道によると、死亡したのは80代の男性。当局者は接種と死亡との因果関係は不明と述べた。日本も同社製ワクチンの輸入を予定しており、厚労省は調査チームを派遣する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信