外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省は2017年度予算の概算要求で、米軍再編関連経費を含め過去最大の5兆1685億円(16年度当初予算比2・3%増)を計上する方針を固めた。北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、日米両国で共同開発を進める新たな海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の配備に向け取得費用147億円を初めて計上。量産体制を整えるなど、ミサイル迎撃能力を強化する。政府関係者が18日明らかにした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信