外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】新しい日本の国連大使として着任した吉川元偉氏(62)が13日、ニューヨークにある日本の国連代表部で記者会見し、15年に行われる国連安全保障理事会非常任理事国の選挙で当選し、安保理メンバー国になることが「大きな課題だ」と述べた。日本は同選挙で選ばれる16~17年の非常任理事国を目指している。日本が新たな常任理事国入りを目指す安保理改革についても論議の活性化を目指す意欲を示した。

共同通信