外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】63年に暗殺されたケネディ大統領の元警護官が近く出版予定の回想録で、暗殺事件の直後、就任したばかりのジョンソン大統領を、邸宅への侵入者と誤認して銃撃する寸前だったと告白していることが21日、分かった。米紙デーリー・ニューズなどが報じた。仮に大統領が銃撃され死亡していれば、米国民に計り知れないショックを与えたとみられ、元警護官は「悪夢だ」と述懐している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信