外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東海道新幹線の運転士8人が走行中に私用携帯電話で通話やメールをしていたことが分かり、JR東海は1日、国交省中部運輸局から警告書を受け取ったと発表。省令などに違反しており、同社は処分を検討している。同社によると、11月22日夜、豊橋―浜松間を走行中の新大阪発東京行き「のぞみ252号」で、男性運転士(31)が同僚3人に近況などを尋ねるメールを送信。同僚の1人が翌日、上司に報告し発覚した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信