外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】アサド政権による反体制派武力弾圧が続くシリアで26日、新憲法案の是非を問う国民投票が行われた。与党バース党による事実上の一党支配を規定する条文の削除などが盛り込まれており、政権側には民主化の推進を国内外にアピールする思惑がある。一方、英国を拠点とする「シリア人権監視団」によると、政権側は同日、西部ホムスなどで弾圧を続け、市民17人と国軍兵士14人が死亡。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信