外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 松本龍環境相は23日、新潟市を訪れ、就任後初めて新潟水俣病の被害者団体と面会、新潟水俣病を引き起こした国の責任を認めて謝罪した。環境省によると、環境相が新潟水俣病被害者に謝罪するのは初めて。面会の冒頭、松本環境相は「熊本での教訓を生かせず新潟で水俣病を起こしたことは痛恨の極み。被害拡大を防げなかった責任を認め、おわび申し上げたい」と述べた。その後、被害救済の進め方などについて意見交換。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信