外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 新潟県の泉田裕彦知事は5日、県庁で東京電力の広瀬直己社長と会談し、東電が地元説明をしないまま柏崎刈羽原発6、7号機の安全審査申請を決めたことを「なぜ(決定を)急いだのか」と拙速な対応を厳しく批判、会談は物別れに終わった。県側は、原発の新規制基準で義務付けられたフィルター付きベント(排気)設備の設置の事前了解を求める東電の要請書を受け取らなかった。県の反発は強く、東電の申請は遅れる可能性が出てきた。

共同通信