ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

新潟・佐渡、放鳥トキにひな誕生

 環境省は14日、新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物トキのつがい1組にひなが生まれたと発表した。ひな自体は確認されていないが、親鳥が餌を与えるような行動をしていることから判断した。昨年は国内の野生で36年ぶりに8羽の誕生が確認されており、2年連続の繁殖成功となった。6歳雄と4歳雌の親鳥は兄妹にあたることから、環境省は遺伝的影響を考慮し、ふ化から10日以内にひなを保護して人工飼育する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。