外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)は、15日も噴火が続いた。気象庁は同日、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が1日当たり1万1千トンに急増したことなどから、警戒範囲を半径約2キロから約3キロに拡大した。これを受け、鹿児島県霧島市では火口から約3キロの二つの宿泊施設の客や従業員計11人が避難した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信