外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】通常の生物にとっては有毒なヒ素を、DNAに取り込んで成長できる細菌を発見したことについて、米航空宇宙局(NASA)などの研究者が2日、ワシントンで記者会見し、「生命の定義を変えるような重要な発見だ」などと成果を解説した。生命に不可欠と考えられてきた炭素、酸素、水素など6元素の代わりに別の物質を利用する地球外生物が、地球とは異なる環境で生きている可能性が示されたとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信