外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ストックホルム共同】木材の繊維を効率よくほぐす方法を発見し、新素材セルロースナノファイバー(CNF)の実用化に道を開いた東大の磯貝明教授(60)=静岡市出身=ら日本人研究者3人が28日、スウェーデンの財団から「マルクス・バーレンベリ賞」を授与された。「森林・木材科学分野のノーベル賞」ともいわれ、アジア初の受賞となった。

共同通信