外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 独協医大病院(栃木県)は6日、ほとんどの抗生物質が効かない新たな耐性菌が、インドから帰国後の50代の日本人男性から見つかったと発表。国内での確認は初。患者は既に回復し、ほかの患者への感染もなかったという。新たな菌は、インドやパキスタンが発生源とされ、欧州などで患者が増加。男性は昨年4月に入院、翌5月の血液検査で多剤耐性の大腸菌が1度、検出されたが、原因不明とされていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信