ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

新関空の中期計画、格安25%に

 新関西国際空港会社は24日、関西空港の国際線の便数に占める格安航空会社(LCC)の比率を2012年夏の14・4%から14年夏に25%まで高めることを柱とした中期経営計画を発表した。安藤圭一社長は会見で、需要に応じて拡張できるLCC専用の「第3ターミナルビル」を約100億円かけて整備し、15年度にも開業する方針も明らかにした。関空は24時間利用でき長い滑走路を持つ利点を生かし、LCCの誘致を推進。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。