外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】佐々江賢一郎新駐米大使は27日、ワシントンの日本大使館で着任後初めて記者会見し、環太平洋連携協定(TPP)に関し「日本が傍観すれば、アジアの経済秩序は日本に関係なく形成される」と危機感を示した上で、20日の日米首脳会談で合意された日米間の事前協議の加速に尽力する考えを表明した。TPP以外では、沖縄県の基地負担軽減のほか、イラン核問題など地球規模での両国間協力の推進を挙げた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信