ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

施設内の排気ファン3日間止めず

 5月下旬に起きた加速器実験施設「J―PARC」(茨城県東海村)の放射性物質漏れ事故で、施設内の放射線量を下げるため回し始めた排気ファンが3日間近くも止められていなかったことが18日分かった。J―PARCの池田裕二郎センター長は記者会見で「停止するのを失念し放置していた」と謝罪した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。