外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】ロシア極東マガダン州の運輸検察当局者は9日、先月21日にマガダン発モスクワ行きの旅客機に乗務予定だった機長と女性客室乗務員らが搭乗前の健康検査の結果、乗務を外されたことに関連して捜査を開始したことを明らかにした。ロシア航空当局者によると、機長と女性客室乗務員の血液や尿から大麻が検出されたという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信