外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大畠経産相は12日の衆院経済産業委員会で、予定していた日本、ロシア政府間の経済協力に関する覚書の締結を見送ったことを明らかにした。メドベージェフ大統領が北方領土を訪問したことへの抗議の意味がある。大畠経産相は「北方領土問題は大変重要な問題だ。大統領の行動は日本人の(領土への)思い、心を踏みにじる行為」とロシア側を激しく批判。覚書の締結は、都内で同日開いた「日露投資フォーラム」で予定していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信