外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ハノイ共同】菅首相は30日、ハノイで温家宝中国首相と非公式に約10分会談し、尖閣事件で冷え込んだ両国関係の改善に向け、戦略的互恵関係の推進や民間交流強化が重要だと確認した。正式会談見送りは「残念」だとして、近い将来の実現を模索することで一致。菅首相はこの後の記者会見で冷静対応を呼び掛けたが、中国側の軟化は見通せない。APECに合わせて来日する胡錦濤主席との首脳会談を危ぶむ声も出ている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信