外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 河野太郎外相は1日、中国の王毅外相と約40分間電話会談し、日本列島越えの弾道ミサイルを発射した北朝鮮への対応に関し、石油禁輸を念頭に国連安全保障理事会での新たな制裁決議採択に向けた協力を要請した。王氏は北朝鮮との対話を重視する姿勢を示し、協議は平行線だった。王氏は「独自制裁は安保理決議の精神に反する」とも述べ、中国の企業や個人を対象にした日本の対北朝鮮制裁を批判した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信