ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日中、尖閣めぐり激論

 【ビエンチャン共同】野田佳彦首相は6日午後、ラオスで開催されたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の地域情勢に関する協議で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中対立を念頭に国際法を順守する立場を強調、中国をけん制した。これに対し中国側は楊潔チ外相が「反ファシスト戦争の成果が否定されてはならない」などと反論、両国による激論となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。