外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 野田首相は25日午前、中国訪問のため羽田発の政府専用機で北京へ出発した。夕方に温家宝首相、26日午前には胡錦濤国家主席とそれぞれ会談、北朝鮮の金正日総書記死去を受けて朝鮮半島の平和と安定確保のため、中国の役割に期待感を伝える見通しだ。出発に先立ち、首相は公邸で記者団に「朝鮮半島情勢の平和と安定に悪影響が出ないよう緊密に意見交換したい。拉致被害者を含めて邦人の安全確保も強く働き掛けたい」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信