外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相は25日夜、来日中のインドのシン首相と官邸で会談し、両国間の貿易や投資を自由化する経済連携協定(EPA)を締結することで正式に合意した。年内にも署名する見通しだ。(1)原子力協定の締結交渉を加速(2)レアアース(希土類)、レアメタル(希少金属)の開発でも協力―の方針でも一致した。EPAが国会承認を経て発効すれば、人口12億を抱えるインド市場への輸出・投資の大幅な拡大が見込まれる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信