ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日台、漁業協定調印

 【台北共同】日本と台湾は10日午後、台北市で、沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚台)周辺の漁業権をめぐる取り決め(協定)に調印した。日本の排他的経済水域(EEZ)で台湾漁船の操業を認める。台湾も尖閣の領有権を主張しているが、協定では領有権問題は棚上げ。同様に尖閣領有権を主張する中国が、日本に対する共闘を台湾側に呼び掛けており、日本は中台連携の阻止に向け、台湾に譲歩した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。