ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日揮社長ら安否確認へ病院到着

 アルジェリア人質事件で日本政府筋は21日夜(現地時間同日午前)、城内実外務政務官やプラント建設大手、日揮(横浜市)の川名浩一社長らが、連絡が途絶えている日揮の日本人駐在員10人の安否を確認するため、現場となった南東部イナメナスにある病院に到着したとの連絡を受けたことを明らかにした。日本政府によると、政務官らに続く第2陣の政府派遣医務官ら専門家チームも同日、現地に到着した。(共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。