外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウランバートル共同】日本と北朝鮮両政府は15日午前、外務省局長級の協議をモンゴル・ウランバートルで行った。16日までの予定。局長級による本格協議は08年以来。日本側は拉致問題を協議対象と明確にした上で事態の進展を狙う。ことし8月の課長級に比べ高い交渉権限を持った局長級を、今後の交渉の公式な枠組みとして次回以降も継続したい考えだ。衆院選が決まったことで、北朝鮮側が様子見を決め込む懸念もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信