外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の故・盧武鉉元大統領が、2007年10月の第2回南北首脳会談の際、故・金正日総書記に対し、日本が北朝鮮との国交正常化のため100億ドル(約9700億円)を北朝鮮側に支払うとの考えを「ほとんど公の形で」見せている、と述べていたことが25日分かった。韓国の情報機関、国家情報院が国会に提出し、韓国メディアが報じた会談議事録全文にこうした発言が記されていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信