外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米大統領選で共和党候補指名が確定した実業家トランプ氏の外交政策顧問ワリド・ファレス氏(58)は、トランプ氏が大統領に就任した場合、日本政府に米軍駐留経費の負担増を「必ず求める」と明言、日米同盟における日本側の負担拡大に向け「交渉しなければならない」と強調した。日韓両国の核武装をトランプ氏は望んではいないとの見方も示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信