ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日本の国連分担金、ピークの半分

 【ニューヨーク共同】国連総会本会議は24日、2013~15年の国連予算の各国分担率を定める決議案を採択した。日本は12年までの12・53%から10・83%に下がり、ピークだった2000年の20・57%のほぼ半分となった。中国は大幅に増やした。日本の分担率はこれまでと変わらず米国(22%)に次ぐ2位。一時は米国に迫り、3位ドイツの約2倍の拠出国だっただけに、国連内での存在感低下につながるとの懸念も。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。